講談社BOOK倶楽部

講談社BOX:文化祭の夢に、おちる

講談社BOX Everything is Boxed, KODANSHA BOX. OPEN NOW!!

『文化祭の夢に、おちる』

著者:彩坂美月/llustration:庭

2012年本格ミステリ大賞最終候補作『夏の王国で目覚めない』で大注目の彩坂美月が贈る、青春<神隠し>小説――!

『文化祭の夢に、おちる』試し読みPDF

「これが、誰かの夢?」 三年に一度だけ行われる桐乃(ルビ:きりの)高校文化祭。 その準備中、五名の生徒が吊り上げられていた巨大壁画の下敷きになってしまう。 眠りから醒めた相原円(ルビ;あいはらまどか)が見たのは、いつもの通学路にいつもの校舎。 見慣れた夏の光景のはずなのに、そこはどこかいびつな、誰もいない世界で……? 夏の嵐が巻き起こした、恋と消失の物語。

私が彩坂美月さんの作品を好きなところ。
登場人物の気持ちの流れを丁寧に追うところ、特殊なはずの世界がもしかしたらあるかもしれない?と思わせるところ、それらはもちろん好きなのですが、一番は言葉の繋げ方なのだと思います。 ある一文。
「ずれて歪んでぼやけてひずんでひしゃげてたわみ、ぐしゃりとつぶれて。」
うん。好きです。理由なんてない。
文章の胸に入って来かたが好きなのです。
(SHIBUYA TSUTAYA BOOK担当 竹山涼子さん)

ようこそ、ありふれた夏の地方都市へ。七夕の文化祭へ。
だけど平凡なその道をひとつ曲がれば、
そこには見知らぬ奇妙な風景が存在するのかもしれません。
どうぞページをめくって、主人公たちと一緒に非日常な夏のひとときをお過ごし下さい。少しでも楽しんで頂けたら、この上ない喜びです。

12月31日生まれ。山形県出身。早稲田大学第二文学部卒。第7回富士見ヤングミステリー大賞準入選作『未成年儀式』(2009、富士見書房)でデビュー。他著作に、『ひぐらしふる』(2011、幻冬舎)がある。
『夏の王国で目覚めない』(早川書房、2011)が第12回本格ミステリ大賞最終候補に残るなど、注目を集める。

『文化祭の夢に、おちる』
著者:彩坂美月
llustration:庭

購入する

西尾維新公式情報

西尾維新アニメプロジェクト

掟上今日子の裏表紙

物語シリーズ

うみねこのなく頃に散

K SIDE:GREEN


講談社BOXの電子書籍

講談社BOX 無料メールマガジン「ファンタスティック講談社BOX」
講談社BOXでは新情報満載のメールマガジン「ファンタスティック講談社BOX」を無料配信しています。

講談社ノベルス

講談社の電子書籍