講談社BOOK倶楽部

講談社BOX:ハイライトブルーと少女

講談社BOX Everything is Boxed, KODANSHA BOX. OPEN NOW!!

ハイライトブルーと少女

著者=靖子靖史

Illustration=TNSK

この子に、なにかしてあげたい。 この子の、悲しむ顔は見たくない。

講談社BOXが贈る“青春ライトノベル”の新旗手、颯爽たる最新長篇

本の“目利き”の皆さんも推薦しています! ぜひ、この小説の面白さを体感していただけたら──

タニグチリウイチ(ライトノベル評論家)
この主人公を、軟弱者だ、ロリコン野郎だ、とは言えない。漂うタバコの煙を言い訳にして、彼の恋に真剣で他人に優しい気持ちに、涙したくなる。そんな物語だ。
荻原魚雷(書評家)
軽快で爽快──日常の中の“心地よい無駄”を巧みにすくいとる瑞々しい文体が味わい深い。
田浦靖子(ブックファースト新宿店)
登場人物たちの何気ない会話、さりげない絶妙な距離感、雰囲気すべてが心地いい。
竹山涼子(SHIBUYA TSUTAYA)
この会話のテンポと内容、とても好きだなぁ。

『ハイライトブルーと少女』
著=靖子靖史
Illustration=TNSK

購入する

『ハイライトブルーと少女』試し読み/PDF:668KB

【あらすじ】二十代も終盤にさしかかりつつある会社員ウミノの一日は、通勤途中にある昔ながらのタバコ屋で幕を開ける。ハイライトを一箱買い、店の前で一服。その窓口にあらわれる店番の少女、如月さなえとのやりとりをささやかな楽しみにしていた。 ある日、ウミノはタバコ屋の矍鑠たる老店主、如月志乃が亡くなったことを知る。しばらくの間休業していた店が再開すると、そこには他界した祖母がのりうつったかのような威勢のいい口調と仕草で話す、見慣れた少女がいた。ウミノが“シノちゃん”と名付けたその少女は、彼にある頼み事を持ちかけてくる。

著者:靖子靖史(やすこ・やすふみ)

1987年、鳥取県生まれ。早稲田大学、駒澤大学大学院卒。2012年、『そよかぜキャットナップ』(第10回講談社BOX新人賞Talents受賞)でデビュー。本作は長編第2作目。

TNSK(ティーエヌエスケー)

イラストレーター、漫画家。Webコミック『時ドキ荘!』を「週アスPLUS」で、ゲーム『ブラック★ロックシューターTHE GAME』のコミカライズを「コンプティーク」で連載中。
「壁の彩度」http://chromaofwall.com/

西尾維新公式情報

西尾維新アニメプロジェクト

掟上今日子の裏表紙

物語シリーズ

うみねこのなく頃に散

K SIDE:GREEN


講談社BOXの電子書籍

講談社BOX 無料メールマガジン「ファンタスティック講談社BOX」
講談社BOXでは新情報満載のメールマガジン「ファンタスティック講談社BOX」を無料配信しています。

講談社ノベルス

講談社の電子書籍