講談社BOOK倶楽部

講談社BOX:戦国スナイパー

講談社BOX Everything is Boxed, KODANSHA BOX. OPEN NOW!!

「戦国スナイパー」終幕のご挨拶。
 まずは正座し、平伏の一礼。柳内たくみが言上いたします。
 「戦国スナイパー」このたびの、第5巻をもちまして終幕のみぎりと相成りました。長きにわたっておつきあいいただいた読者の皆様には、厚く御礼申し上げます。これまでのご厚情にはいくら感謝してもしきれないと思っております。これからも皆様のご期待に応えられますよう鋭意執筆に励んで参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 第5巻、舞台となりますは歴史の書き換えられた現代の日本に限りなく近い日本。全然、戦国ではない。看板に偽りありではないか、と思われる方もおいでかも知れません。しかしながら私は、今の日本を取り巻く状況は戦国時代と同じだと思っています。世界を見ると下剋上と力ずくが横行しているではありませんか。そんな中で笠間慶一郎が活躍するのですから、やはり戦国スナイパーで正しいのではないかと私は思うのです。

柳内たくみ

「戦国スナイパー」シリーズ全5巻ついに完結です! 今までも信長の下で困難なミッションに挑み、ピンチにつぐピンチを切り抜けてきた慶一郎。ラスト・ミッションは、自分のせいで改変されてしまった歴史を元に戻すという究極の大仕事。再び銃を手に時空を超える慶一郎を待ち受けるのは……読者のみなさんも予想しえない驚愕のラスト! 存分にお楽しみください。これまでご愛読ありがとうございました。

既刊

『戦国スナイパー1 信長との遭遇篇』 著者:柳内たくみ  Illustration/ 陸原一樹

突然戦国時代に一人放り込まれた陸上自衛隊員・笠間慶一郎二等陸曹。彼がたまたま命を助けたのはあの織田信長! 狙撃手としての腕を買われた慶一郎は信長配下の武将・佐々成政の下で鉄砲隊の編制を任され、さらに信長を狙う刺客たちとも死闘を演じる……。慶一郎は銃一丁で戦国の世を生き抜けるのか――

購入する

『戦国スナイパー2 謀略・本能寺篇』 著者:柳内たくみ  Illustration/ 陸原一樹

信長のボディガード兼猟兵頭として、信長の信頼を勝ち得ていく慶一郎。しかし信長の命を狙う巨大な陰謀がついに動き出した。主君を守るか? 歴史を守るか? 信長最大の危機に慶一郎はどう動くのか? 激動のシリーズ第2弾登場!

購入する

『戦国スナイパー3 信玄暗殺指令篇』 著者:柳内たくみ  Illustration/ 陸原一樹

信長包囲網が完成しつつある中、ついに最強の敵・武田信玄が動き始める。慶一郎は信玄の父・信虎に信玄側に付くように脅される。一方、信長の命を受けた女・忍者さくらは信玄暗殺を決行するが……。シリーズ第3弾!

購入する

『戦国スナイパー4 慶一郎絶体絶命篇』 著者:柳内たくみ  Illustration/ 陸原一樹

戦国時代にタイムスリップした陸上自衛隊員・笠間慶一郎。思いがけず信長の命を救ったことで、ボディガード兼鉄砲頭として取り立てられる。狭まる信長包囲網の中、最強の敵・武田信玄を暗殺した慶一郎。しかし愛する女性・沙奈(さな)を誘拐され、その命と引き換えに主君・信長の命を狙うはめに……。大好評「戦スナ」シリーズ、第4弾!

購入する

『戦国スナイパー5 壊れた歴史を修復せよ篇』 著者:柳内たくみ  Illustration/ 陸原一樹

宿敵・善住坊(ぜんじゅうぼう)を倒した後、女忍者・さくらとともに現代に帰還した慶一郎。しかしそこは歴史が改変され、存亡の危機にさらされた別の日本だった。歴史修復のミッションを託された慶一郎は再びタイムスリップ、歴史に介入していくが、仲間が一人また一人と消されていく……。大人気「戦スナ」シリーズ、怒濤の最終章!

購入する

著者:柳内たくみ

自衛官を経験した後、2006年に自営業を開業。本業に従事する傍ら、インターネット上で精力的に執筆活動を展開し、人気を博す。2010年4月、『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり1.接触編』(2015年7月アニメ化決定)で出版デビューを果たし、一躍注目を浴びる。2012年4月「戦国スナイパー」シリーズをスタート。他に『氷風のクルッカ 雪の妖精と白い死神』がある。


Illustration:陸原一樹

「霊少女清花」シリーズ(YA!フロンティア)、「忍剣 花百姫伝」シリーズ(Dream スマッシュ!)などの挿絵を手がける。
HP:めいぷるりいふ http://www.leaffish.com/